「イモビライザー」とは、

電子的なキーの照合によって、ご自身の車のキー以外ではエンジンが掛からないようにする『自動車盗難防止システム』のことです。イモビライザー=自動車盗難防止システム

不正解錠や、盗難防止のため、警告音を発するセキュリティアラームがありますが、その機能が「イモビライザー」だと勘違いしている方がいますが、すべての車がイモビライザーが搭載されているわけではありません。 ヨーロッパではすべての車に装着することが義務付けられていますが、日本ではヨーロッパほどイモビライザーの装着はまだ、広まってません。

従来の鍵

子鍵の鍵山とシリンダーの中のピンが揃えば鍵が回ってエンジンがかかります。

イモビライザー搭載の車

小鍵についているICチップと車に搭載されているコンピューターのIDが一致しないとエンジンが掛からなくなっていますので、簡単に合鍵を作ることができないので、盗難などの犯罪を格段に減らすことができるシステムです。トランスポンダと言われることもあります。

トランスポンダとは??

トランスポンダという装置を利用した鍵のことで、信号を送るトランスポンダというチップが内蔵されている鍵でこれを利用して生まれたのが、イモビライザーシステムです。

キータイプの確認

車の鍵を紛失してしまった場合、自分の車にイモビライザーがついているかどうかの確認は非常に大切になります。
メーカーや車種、年式によっては全車標準装備だったり、オプションでつけれたり、さまざまです。

リモコンキー

従来の鍵にドアの開閉用のリモコンの機能が付いているタイプで、ボタンを押すことでドアの施 開錠ができるが、エンジンをかけるときは鍵を挿して回さないとエンジンがかからないタイプ。 ワイヤレスキーと言われることもあります。 こちらは、ドアの開閉をリモコン式にしているだけで、イモビライザーが入っていないこともあります。

イモビライザーキー

リモコンキーとよく似ていて、ドアの開閉はリモコンのボタンを押すことができて、エンジンは鍵を挿して回すことでかかります。持ち手の黒い部分にイモビライザー用のチップが入っています。チップと、車体のIDが揃わないとエンジンを始動することができません。リモコンキーと組み合わせて作ってあるので、見た目ではわかりにくいかもしれません。

スマートキー

リモコンキー・イモビライザーキーと違うところは、ドアの開閉はポケットやカバンにいれたままできますし、エンジンもそのままボタンを押すことで始動することができます。 各メーカーで呼び方は違いまして、「インテリジェントキー」や「アドバンスキー」と呼ばれることもあります。スマートキーの場合、全ての車にイモビラーザー機能がが備わっています。

イモビライザーの有無の確認

イモビライザーの有無は鍵紛失の際に非常に重要な情報です。 イモビライザーキーの対応をしていない鍵屋はたくさんありますし、見積もり金額も大きく変 わってきます。 事前に確認しておくと、時間のロスを減らすことにつながります。
確認方法としては、自分の鍵が上記のどのキータイプなのかはもちろんですが、イモビラザーのランプやステッカーを確認する方法もあります。

イモビライザーランプの例

ステッカーの例

24時間受付・お見積りは無料です。

どんな些細なことでも結構ですので、まずはお気軽にご相談ください。

092-231-9326
メールでのお問い合わせ